ランドセルが黒と赤だった時代は終わりました

日本の小学生のイメージといえば、黒色、もしくは赤色のランドセルをまだ身長が低い子どもが健気に背負っている姿が思い浮かびます。それを6年間背負い続けるわけですから、小学校6年生にもなれば、いつの間にか、重そうに背負っていたのが小さく見えて、成長を感じる事ができました。傷跡があったりすると、それまでの様々な経験を物語っていて、子どもの成長を垣間見る事ができて、感慨深いものがあります。小学生にあがる前に、おばあちゃんやおじいちゃんに買ってもらったりして喜んだものです。子どもながらに、小学校に行くのをドキドキ・ワクワクさせてくれて、楽しみな気分にさせてくれました。「これからどんな事をするのだろう?」と、未来に対して夢を描く事ができたのです。

カラフルなランドセルで個性を出す!

そんなランドセルですが、おばあちゃんやおじいちゃんに黒や赤のものを買ってもらう事が、ちょっと古くなってきました。今の時代は、子どもの精神的な成長も早くなってきていて、自己主張をする子どもが可愛らしく映ります。「わたし、水色がいい!」「ピンクが可愛い」、「黄色の方が明るくて好き!」等、子どもの主張に合わせて、様々な色のものが販売されております。6年間使い続けるわけですから、できる事なら、その子どもの好きな色を買ってあげる事が大切です。好きな色であれば、楽しい気分で学校に行く事もできますし、お勉強をがんばる事もできます。新しくできた友だちに、カラフルな色を自慢する事もできるでしょう。その子自身のやる気を引き出して、モチベーションを維持してあげる為にも、個性を引き出してあげる事は大切です。

それでもやっぱりお下がりを使う!

兄弟、姉妹がいる子どもですと、お姉ちゃんやお兄ちゃんのランドセルをもらう事は、とても嬉しいものです。お下がりのものを背負っていると、常にお姉ちゃんやお兄ちゃんに見守られている気持ちになりますし、憧れだったお姉ちゃんやお兄ちゃんに近づける感じがするからです。その家庭で代々使い続ける事で、家族の愛や歴史を感じる事ができます。昔ながらの赤や黒色は重厚感を感じますから、気持ちを高める事ができます。人を惹きつける何かがあるのです。ハッキリとした色なので、強くなった気がします。小学校の6年間、子どもがどのように過ごす事でしょう。友だちが何人できる事でしょう。そういう事を思いながら、お父さんとお母さんは子どもを見守ります。子どもが一生懸命勉強をして、人生を生き抜く力をつけてくれるようにと、赤や黒を背負った子どもの背中をやさしく押してあげるのです。