ガスコンロの魚焼きグリル両面焼きの特徴について

料理をする際にはお鍋やフライパンなどを利用しますが、魚焼きグリルを利用することで料理の幅は大きく広がります。販売されているガスコンロには魚焼きグリルは常備されているものが多いので、料理の際には大いに活用するのがおススメです。グリルのタイプとして両面焼きタイプがありますが、片面焼きタイプと違って魚の両面を一度に調理できる特徴があります。その為、途中でひっくり返すという必要がないため手間の軽減にもなり調理時間なども短くすることが可能です。ただし両面同時に調理するため魚の身が網にくっつきやすいという点があるので焼く際は注意することが大切です。コンロの種類によっては上面と下面で火力調整が別々にできるものもあります。また水ありタイプと水なしタイプの両方もあり、それによってコンロ自体にもかなり値段に大きな差が出てくるので選ぶ際にはしっかり特徴を知った上で判断するとよいです。

ガスコンロの大バーナーについて

料理を作るために利用する家電としてガスコンロがあります。ガスコンロは種類が複数ありますが、スタンダートタイプとコンパクトタイプは2口ガスタイプが主流です。この2口ガスですが、それぞれ火力が違う特徴があります。まず炒め物などを作る際にとても便利な火力がとても強い大バーナーと呼ばれるコンロと、天ぷらや煮物など強い火力を必要としない標準バーナーと呼ばれるコンロになります。これは2口コンロのどちらに設置するかは選ぶことができます。台所でガスコンロを設置する場所などをを考慮して、コンロのバーナーの種類を決めるようにするのが大切です。特に大バーナーの場合は火力が強いため、壁から話して使うのが望ましいです。設置場所として左側が壁の場合は大バーナーは右側のコンロに、設置場所が右側が壁の場合は左側のコンロを大バーナーにするのが安全に使用できるので、設置する際は間取りなど注意して決めるのがとても重要です。

ガスコンロの掃除頻度について

ガスコンロは毎日の料理で必ず利用する家電の1つです。ガスコンロはもちろん、料理のメニューによっては魚焼きグリルなども利用することはあります。では実際に毎日利用している場合、掃除する頻度などは人それぞれ違いがあります。毎日掃除できれば綺麗な状態を保つことができますが、なかなか忙しい毎日のなかで難しいです。掃除頻度としてですが魚焼きグリルの場合はできれば使用した時には毎回掃除することがおススメです。水ありグリルの場合は特に油の受け皿となる部分の水に油を放置しておくと、カビが生えてきたりと衛生上よくありません。なので魚焼きグリルはするたびに手入れをするよう心掛けることがポイントです。通常のコンロの部分は、油はねなどは軽くキッチンペーパーなどでふきとる程度で普段の手入れは良いです。コンロの受け皿やゴトクなどは週に1回程度のペースで掃除すると綺麗な状態を保つことができます。